Minato Serenade

湊の小夜曲  

裸の王様。

今日から数日、実家に行かなければならないので慌てて書いている。実家にはインターネット回線がないからだ。PCも数年前に3万円しないで買ったものしかない。 先日、友人に小池百合子さんってエジプトの大学に行っていたって本当らしいなぁ、アラビア語の辞…

文章が上達する日記の付け方。

Twitterなどでエラソーなことをいっている人のBlogを見に行くと、どう見ても人様に教えたり指南するなどとは程遠い人が大壇上から物をいっていて恥ずかしいなと思う。偉そうでなくても人を見下すというのは恥ずかしいことだ。 そういう思いがあるからなのか…

酒を飲む理由。

アルコールに関する事件があったせいかTwitterのトレンドに「依存症啓発漫画」が入っていた。これのことだ。アルコールの章だけ読んでみた。 www.jiji.com この前、一木けい著「全部ゆるせたらいいのに」を読んで、何かなぁと思ったのだが、アルコールを欲す…

東京はコンパクト。

なんか写真でも入れたいが手持ちの写真に適切なものがない。 さて、以前、Twitterで、福祉施設で働く青年(?)が、利用者である老人に、渋谷で見掛けた犬が銅像になっていると聞いて驚いたという風なことを呟いて話題になった。 これに類する話は良く聞くこ…

パンのみに生きられないもの。

Twitterでフォローさせていただいているアカウントで、ある作家志望の知人についてのことが呟かれている。上手く文章にできるか判らないが、なんか思うところがあった。 その人が何をして食べていたのか判らないと聞いて、ふと思い出したのは村松友視の『作…

体調が悪くて書けない。

作家の住宅ローン申請を審査するために銀行は健康診断の結果を出させたりするという。病気をしたって書けるし、むしろ病気という経験をした方が豊かなものが書けるのではないかと思っていた。 鼻で笑っていた自分が書けない。素人でさえそうなのだから、さら…

早とちりとパーカーの筆記具。

やっちまった… 起きて真っ先に思ったのは、それだった。昨日深夜、メルカリの沼を彷徨っていて、パーカー88の中古の万年筆とボールペンのセットを4,000円で買ってしまったのだが、どうも高いし、思ったものではないような気がする。 私が使っているパーカー…

今日の芝。

疲れた。通院だったのだが、なんかやけに疲れた。昨晩から、ろくに眠れていないからかもしれない。他方、昼も眠くて起きられない。薬が変わったので眠れるといいな。 今日の芝は曇り。降水確率が40%だったので傘を持って行ったのだが降らなかった。しかし、…

貧弱な頭。

また私のネットストーカーから脅迫が来た。ここ2・3日、何か余裕で、誘導された方を見に行った。 「○○(私の旧ペンネーム)の全て」というタイトルで、私が、傾倒しているチャンドラーに倣って毎日、机に向かっているとか、なんか書くことが下らない。 Goo…

逃がした魚は大きい。

昨晩、眠れなかった。眠剤を服んでいる身としては自覚がなくても効いていて、夜、眠れなかった分、昼間にハングオーバーすることになる。今日の昼は怠くて起きられなかった。 さて、眠れないで何をしていたのかというとヤフオク!を見ていた。私は新卒の初任…

呪文が判る私でも判らない言葉。

テレックスの話を書いたら思い出した。先日、読んだ本・鷺沢萠「かわいい子には旅をさせるな」の1文。長くなるが引用する。 (前略)彼女は「そう、何事も行き過ぎはよくないね…」と言ったあとで、まるでひとり言のような口調で呟いた。 「エスピーのドラフ…

名店の条件。

今日、Twitterの遣り取りをして思ったのだが、私は、いわゆる「名店」には行っていないのではないかということだ。それでは、ここでいう「名店」というのは何か。 まず思い付くのは「名が通った店」である。このことを考えたキッカケとして出てきた名前は飯…

電話に関する記憶。②

さて、国際電話を架けるようになるが、のちに国際電話会社に転職したら、まだ当時はダイレクトで架けずにオペレーター通話を使っている人が多くて驚いた。架け方としては電話会社の認識番号・国番号・相手の電話番号と単純であるが、単純であるからして後に…

電話に関する記憶。①

以前のBlogで紹介した古典的なジョークを一つ。 男性:電話番号を教えてほしい。 女性:電話帳に載っているわ。 男性:では名前を教えてほしい。 女性:それも電話帳に載っているわ。 さて、今日は公衆電話の日だそうで、Twitterでは公衆電話のかけ方を知っ…

何もしたくない人が羨ましい。

本が読めない。もう何十年も読めない。中学の同級生などに会うと、よく本を読んでいたなぁと言われ、実際、編集者志望で出版社で見習いをしていたのだから、その道に進みたいほど好きだったのだと思う。 思うというのは、それから数十年、本を読んだ記憶がな…

怒りが恐怖に変わるとき。

今朝も起きてから恐怖に襲われた。その一因はTwitter友達の指摘通りネットストーカーにもあると思うが、ネットストーカーについて書き始めたら怒りで収まらなくなったので、とりあえず、それは破棄する。 勝手に私が通っている高校を高校名を省いて中高一貫…

虚脱。

やる気がないのとは違い、やろうと思っても力が入らない感じ。気分転換に外出するが何もする気がしない。外出先で撮った東京モノレール。 何もやる気がないどころか何も感じなくなる。TVドラマ「恐怖新聞」が怖いというのだが、1話は怖かったのに、第2話は…

意識しないと存在が判らない。

今では、ほとんど見えなくなったが、私の部屋はベランダ越しに東京タワーが見える。引っ越してきた当時は富士山からレインボーブリッジまで大パノラマが広がっていたが、富士山は恵比寿ガーデンプレイスができて早々に見えなくなった。 さて、そんな東京タワ…

湊クラシックス① あえて闇に向かう(小川洋子『冷めない紅茶』を読んで)。

※このエントリーは2018年12月14日に旧Blogに掲載したものをクラシックスとして再掲載したものです。 主治医に、朝、起きられないと言ったら、先週から眠剤が弱くなった。目が覚めるには覚めるのだが、寝も浅く、起きたときには苦しくて仕方がない。かつて鬱…

生に対する執着。

昨日より微かに調子が良いが、それは相対的なものであって、相変わらず調子が悪い。昨日は目が覚めた時に恐怖がなくラッキーと思ったのだが、目が覚めてしばらくして襲ってきた。今日は起きた時から恐怖で、今でも目眩がする。これは一種のPTSDの症状という…

三文小説。

初恋の人のTwitterアカウントを見付けた。本名で登録してあり別人かと思うが、フォローされているアカウントを見ると、その人の出身地のものばかり。 私も、その人の名も、そうそうあるものではない。しかし、姓名判断に放り込んでみると、愛称は、この上も…

書けないときは…。

もう、Instagramから引っ張ってきて胡麻化すのが定番になってしまった。しかしInstagram、画面を開いただけで既読扱いになって過去の投稿が表示されず「おすすめ投稿」が表示されるのは何とかして欲しい。 今日の田町駅前 今日は通院。東京は台風の影響か雲…

格安SIMが、なかなか繋がらない。

相変わらず鬱が続く。しかし、昨日から2年契約の携帯電話の更新期間が来たので日割りの使用量が増えないように1日も早く新しい事業者へ転出しなくてはいけない。 で、昨日、手続きをして、転出先のMVNO(新卒で入った海運会社がNVOCCもやっていたので混同…

鬱の兆候。

今朝から鬱である。いつもは気になって気になって仕方がないアクセスログも見ようと思わないし、食欲も全くない。 今日から携帯電話の更新月なのでMNP移転して新しい回線を契約しなければならない。端末まで用意しているのだが、億劫で仕方がない。 社会人な…

バブル崩壊って何時だったっけ?

体調が悪いので手身近に。 2000年に刊行された鷺沢萠著『失恋』を読んでいた。その中で『欲望』はバブル崩壊のときを描いた物語である。「プラザ合意の締結は85年、総量規制は90年」と書いてある。しかし、バブルが弾ける前の記述で「公定歩合が5パーセント…

「判らない」が説得力を持つとき。

なんか、昨日から(それ以前から?)訳の判らないことを書いている。昨日、書きたかったことを端的に書けば、デマにも一部の真実があるが、それは事実を点と点を無理に繋ぐためのものであり、ちょっと考えればデマと判る。どうだ、通じなかっただろう(泣)…

デマと一片の真実。

昨日放送のMIU404を観た。こういう特撮系のものは最初から突っ込んでくれなきゃ。盛り上がった。 このTVドラマの面白いところは、以前、書いた「腐らなくて良かった」ではないが、さらに一片の真実を突っ込んでくるところだ。 作中、人気YouTuberが嘘を事実…

Fitbitのカスタマーサポート。

Twitterで、ちょっと間違えた情報も流してしまったので(すぐに撤回)お詫びもかねて。 私は今日からFitbit Versa 2というスマートウォッチを使い始めた。 そもそもはスマートウォッチとしてではなく活動量計としてFitbit Versaを使い始めた。ビックカメラの…

想像力の欠如と謙虚さ。

今日のInstagramから1枚。通院先のクリニックから見た東京タワー。暑くてスマートフォンを持って外にいられずカメラが斜めになっている。 昨日は、白くないTシャツだったが寝間着のTシャツのまま外出してしまったり、今日もコンビニのコーヒーマシンでコ…

レインボーブリッジができる前のお台場の話。

手元に1葉の写真がある。昔はEXIFもビックリの詳細なデータがあったのだが、HDDごと飛んでしまった。HDDの容量が10GBという時代である。バックアップなどない。年ごとに番号を振ってあるので、かろうじて1992年の写真だということが判る。退色しているが、…