Minato Serenade

湊の小夜曲

不眠不休で不要不急。

 相変わらず実家にいる。母は夜行性なので普段の不眠に加え、その時間の不眠が加わり、本当に不眠である。ただ、母の生活騒音による不眠は自分の精神に起因していないので(昨日、書いたような不快感がない)、起きて何かしなくてはならないという気分にはならない。不眠ではあるが不休ではない。

 さて、今日は郵便局に母の入院保険の請求に行った。別に期限があるわけではないのに母が今日中に病院に診断書を取りに行って今日中に請求をしろと喚いて聞かないのだが、幸い、診断書は友人が来た時に母が病院に取りに行ったとのことで助かった。病院には往復で1時間以上かかる。

 さて、コロナ禍である。別に保険の請求は不急ではないが不要な手続きでなく、おそらく請求期限というものがあるだろうから近いうちに行わなければならない。それなら今日でなくてもいい半面、今日であってもいい。いずれにせよ私は手続きを市に実家に来たわけなので少なくとも今回の滞在中にはしなければならないことである。

 ただ… 気が緩んでいた。郵便局に行くのにマスクを付けていくのを忘れた。郵便局は町の中心部にあるのだが、町の中心部に行き人通りを見て、初めてマスクをしていかなかったことに気が付く始末。言っておくが私は新型コロナウィルス感染症を脅威と思っており感染防止に力を入れている人間である。だったら非常事態宣言が出ているのに越境の移動をするなという話もあるが。

 郵便局に入るのを戸惑ったが、片道10分近くを掛けてマスクを付けに帰るのは、さすがに面倒だ。結局、今は窓口もビニールカーテンで仕切られているからいいか… と郵便局に入った。特に構内でも窓口でも注意はされなかった。しかし、不急であるからこそ、ちょっと立ち止まってマスクをしたかくらいは確認すべきであった。

 さて、郵便局では手続きで30分、待たされた。持って行った書類を入力して帳票を作っている郵便局員を見て、やっぱり私は事務という仕事が好きなのだなと思った。父が死んだとき、郵便局員がしている事務を見ていて、横から手続きミスを指摘してしまったくらいだ。私はもともと貿易事務も仕事をしていて、信用状番号などのランダムな数字というのは苦手であったが、数字にも意味を見出すと事務というのもなかなか楽しい。

 とりあえず今回の実家に来たミッションはコンプリートしたので、明日は東京に帰れる。目出度し目出度し。気を軽くすると考えると不急でもなかったのかもしれない。

朝の不快感について。

 実家に来ている。千代田線から直通の常磐線上にあるので、いつも来ている大手町で乗り換えるより、今日は渋谷に出て土産を買ったので、表参道で乗り換えたほうが乗り換えた後の時間が長くて楽に感じる。

 前回、来た時、母が亀戸天神の話を矢鱈とするので、渋谷スクランブルスクエアにある船橋屋で葛餅を買ってきた。私のブログ友達の星香典さんが書いているが、船橋屋の葛餅は葛ではできていない。それでも母は、ここのきな粉と黒蜜が美味しいのよねと喜んでいる。そうなのだ、船橋屋の葛餅は葛ではなくきな粉と黒蜜を楽しむためのものなのだ。

 さて、私の手を見て、母が、震え、大きくなったわねと言う。私は精神だけでなく神経も変で、というよりそっちがメインなのだが、振戦があるのだ。それは、朝、起きた時の気分の変調に顕著である。

 朝、起きたとき、妙に神経が昂っていて、そのままボーッとしていたくてもいられない。かといって昨日書いたように、夜、あまり眠れていないので、起きたくても眠くて仕方がない。結果、イラついて起き上がっては横になってを1時間以上繰り返すことになる。

 神経の昂りというのはなかなか収まらず、よほど酷いときはバーッと家を出てバスに乗り喫茶店に駆け込む。実は、今日、渋谷に出たのも、あまりにイラつきが激しくてジッとしていられなかったというのもある。

 このイラつきは昼過ぎまで続く。以前の心臓が針の筵の上で転がされているような気持ちのときに比べれば楽ではあるが、落ち着いて何かに取り組めないのは同じだ。ジッとTVドラマを観たくても神経が持たない。

 今日は、主に午前中の神経の張りについて書いた。本当、1日が終わるときには、結構ボロボロに疲れている。それで夜も眠れないのだから、もう、何とかなる薬を出してくれよと主治医に頼むしかない。たまぁにビールを飲んで寝てしまいたくなる。

現在の生活リズムについて。

 まだ生活リズムが整わない。薬の処方もだいぶ変わったわけだし、ここで現在の生活リズムについて書いておこうと思う。

 まず、薬は眠剤のみ。眠剤を服むのは午後8時。異様に早い。それでも効くのに2時間は掛かる。午後8時からスマートフォンやカメラのデータの整理をして、余裕があればTVドラマを1本観る。

 そして、午後10時ころ床に就き、少しスマートフォンを見る。そして、相手がいないのでSNSでおやすみの挨拶をして寝る。ここからが不思議なのだが、午前0時ころ目が覚めていて、寝ている記憶がないのだが、Fitbitでは寝ていることになっている。

 いずれにせよ午前0時ごろに目が覚め、今度は午前4時ころまで眠れない。それからも寝が浅く、午前7時ころ目が覚めるのだが、寝たり起きたりを繰り返し、目が覚めるのは午前8時半ころ。起きるのは、サインバルタが効き始めてから午前9時ころになった。

 しかし、思い切り疲れが残っている。主治医に訴えてはいるのだが、午前4時から眠れているのなら時間的には足りていると思うとの見解。訪問看護師も日中の活動量を上げることで疲れて眠れるようにしましょうという方針。

 午前中は睡眠の記録などを整理。前日のブログも寝てからアップされているので、軽くチェック。その程度で、何もしないで終わる。以前、朝からソワソワしてジッとしていられなかったときは午前中に買い物も済ませていたのだが、それも午後になってしまう。

 なので、実質、起きて色々とできるのは、正午から午後8時までの間ということになる。労働時間が8時間取れるのならいいのだが、生活時間が8時間だ。そのうち、今日は疲れて寝てしまった分がある。今、ブログのこのエントリーを書いていて、シャワーを浴びたら、もう寝る時間である。そんな毎日を送っている。

 

 明日から実家に行かなくてはならない。薬がサインバルタに変わって初めてなので、実家で眠れるか心配である。幸い、今は死んだ父の部屋が私の部屋になったので、夏は40℃を超える自室に閉じ込められていたことなどの記憶は蘇らずに済んでいる。本当に、そんな記憶が蘇ったりするのだというのも、大人になって判ったことだ。